2014年03月08日

企画やりましたっ!太宰府廻り\(^^)/

青年部(アンダー35)企画を行いました!


九州国立博物館で手話通訳が活躍できるようになった経緯と、現状のお話をしていただきました。
大きな施設の中で、ボランティアとして登録されている他の組織の中の一つとして活動されている実情を知る事が出来ました。

その後、常設展示を観ながら、地元の観光案内ボランティアと手話通訳の方で、展示の案内をしていただきました。
時間に制限があったので、残念ながら途中までとなりましたが、参考になる点、自分達で工夫できる点などを考える事が出来て、体験してみる事の大切さを感じました。
機会があれば、是非試してみてください。

バタバタと、常設展示場 を出た後に向かったのは、大宰府館です!
え?何処にあるの??
私も、この企画を知るまで分かりませんでした。ホームページがあるので覗いてみてください。
次の企画は、当館における梅ヶ枝餅作りの体験学習です。
手を洗い、準備された材料を前に、講師の方二人に手厚く指導を受けながら進めていきました。
生地に餡を包む際に破けてしまったり、焼く時のプレートが重い為に苦戦したりしながらも、美味しく作り上げる事が出来ました。

梅ヶ枝餅が上手く出来た事もあり、楽しく歓談し、すぐに昼食のお弁当へと移行しました。
多めのデザートの後に、シッカリとしたお弁当があったのでお腹いっぱいです。

お腹を抱えな がら、最後の企画となる天満宮の観光案内です。
大宰府手話の会の方達に観光スポット各所にて、手話を使って説明していただきました。
撫で牛に、誤 撫で牛 と 真 撫で牛 がある事や、最古の建物の特徴など、知らない事が結構あるのだな…と思いました。

手話と言う繋がりで集った仲間で、大宰府の土地を満喫した一日でした。
posted by u-35 at 10:03| Comment(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: