2012年08月08日

ミニ研を経て

8月5日は、みんなで手話を学ぶ福岡県集会、略して(なのかな?)ミニ研!でした。研修のテーマは『手話言語法とは?』です。

手話言語法が何たるや!を語る程熟知している人は、、どれ程いるのでしょうか?重要であるにも関わらず、その内容を概要ですらスッキリ語れる人は少ないのではないでしょうか?!

法律の話など詰まらぬと嵩をくくり、眠気を追い払いながらの苦しい聴講を予想しながら、会場へと赴きました。

午前中は講演で、午後は四人のパネリスト(教育センターの人、ろう児の母、言語聴覚士、ろう協の松尾氏)によるシンポジウムでした。

講演では、手話言語法が手話の権利をどのように生かしていけるのかを、図式を使って説明していただきました。
手話を獲得する
手話で学ぶ
手話を学ぶ
手話を使う
手話を保護する
権利の五つのポイントから、言語としての手話に対する構想を、言語法の持つ将来像を見せるカタチでの紹介です。
成る程!と思う点が幾つもあり、それ程眠くもならず吸収出来たのではないかと思います。
しかし、合理的配慮だとか、理解しきれないままの部分もいくつか残したままでした。
残念ですが、実際に法施行されないと分からない事のようだったので、しょうがないです。

午後のシンポジウムは、その内容に沿っているような、ないような、パネリスト四人分のミニ講演がありました。

そんなちょっぴりではなく難しい内容を、学び、考える時間を、かなり長く持った後に、アンダー35のメンバーで会議を開きました。

今回は12人!
今回の集まりでは、ここ3ヶ月分の、メンバーが参加した行事を軽く報告した後に、来年5月までの、予め決めておいたアンダー35や、ろう協青年部の行事を小1時間ほど使い報告して終了とあいなりました。

今から年末にかけて、沢山の計画が報告されていたので、ブログ更新も忙しくなっていきそうです。
posted by u-35 at 16:17| Comment(1) | 情報

2012年07月28日

いざピヨピヨ講座!

いざっ!です。
何故気合いが入っているのかというと、ピヨピヨ講座の中に、青年部(アンダー35)のコーナーがあるからなんです。

さてさて、何人集まっているかな?と会場に向かってみると40人近く居ました。
今回の青年部からの参加は部長含めて総勢6人です。交流する事も多い、福聴連青年部からも2人参加がありました。

福通研って何?どんな事をやっている組織なの??など、組織の概要説明がありました。手短に!と指摘を受け、調度30分で終わらせる神業を見せていただきました。さすがですっ!

中盤は、青年部のレクレーションです。各都道府県のカードを使ったゲームです。出題者がその県の有名な物を手話で表現して、カードをカルタの様に競って取り合いました。真剣です!

そして終盤はディスを兼ねた講義です。先ずは、自らの動作から意味を剥ぎ取り、偽りの意味を貼付けて隣に伝え、隣は伝えられた偽りの意味の動作をしながら、その隣に、更に偽りの意味を伝える、偽・伝言ゲームをやりました。
その後、『うつ』『あつい』の表記から考えられる単語をグループで出していきました。一人では出てこない発想がいろいろ出てきて、かなり盛り上がりました。最後は『食べてない』の表現方法を、状況・立場などを想像しながら、試行錯誤しました。

言葉(動作)と意味分けて、あるいは一つ一つ深く考える事で、手話表現をする時に、どの表現が受け答えに適当なのかを考えるキッカケがになっているのだと思います。

私自身、福通訳はそこそこ長いのですが、改めて勉強になりました。おもしろかったです。

来週8/5(日)はミニ研です。テーマは手話言語法です。間違いなく難しいのですが、みんなでワイワイ内容を深められたら良いのかな?!っと思いました。

今回不参加の人も含めて、秋にかけて、企画は目白押しで、まさしく学びの時期です。積極的に企画に参加して、沢山吸収して欲しいです。
posted by u-35 at 17:57| Comment(0) | 情報

2012年07月04日

バスケ海九青研!二日目!

引き続き
九青研二日目の報告です。
健全なる波戸岬少年自然の家にて、夜更かしの限りを尽くし語り合った、その翌日の朝は、水平線から山の峰まで滞りなく雲に覆われ、たよりの陽の光は薄ボンヤリとしか感じられませんでした。雨天すれすれの曇天です。

そう、二日目は、雨天決行の特別企画の日です。内容は、雨天プランで進められました。バスケグループと、海底散歩を中心とした、マリン観光グループの二つ分かれる事になりました。
私は、マリン観光に想いを馳せていたのですが、あえなくバスケグループとなりました。苦手な球技の割りに、張り切って動いた為に、しっかり負傷してしまいました。でも、楽しかったです。
翌々日まで響いた打ち身や筋肉痛を差し引いても、充分楽しめました。

バスケを終えると、講義の出来そうな広い部屋で、先日の討議(ディスカッション)の班毎の結果報告でした。

結果は、各々持ち帰り、自分の地域にて、また改めて討議を起こす等して、情報を落とし込み、結果を行動に移していこうっ!といった感じで一致団結とはいかないまでも、心を一つにして、解散となりました。

あっ!今 九青研のMVPが講師より発表されました。2人選ばれ、どちらも福岡からの参加者でしたよ。
誰が選ばれたのか、興味のある方は、青年部との交流会に参加されて、きいてみてください。

役員及び、協力スタッフの方々の手厚いお世話により、始めから終わりまで、心地好く参加出来ました。
本当にありがたい事です。そして、お疲れ様でした。
来年は7月6日〜7日、まさかの七夕被せで、行われる予定です。場所は具体的には決まっていませんが、担当は、長崎県となっています。九州きっての観光地 長崎での九青研です。

早々と、今集会の帰り際に来年の長崎の約束を取り付け合いながら、連絡先を交換したりしあって、みな帰途につく事になりました。

本当に楽しかったです。

アンダー35の行事にいかしていけたら良いなぁ〜 と想いました。
posted by u-35 at 00:16| Comment(0) | 情報